投資型クラウドファンディング比較サイト

各社の総合評価早見表

home > 投資型クラウドファンディング情報 > ソーシャルレンディングにはリスクもあります

ソーシャルレンディングにはリスクもあります

高利回りでオススメの投資商品だと宣伝されているソーシャルレンディングですが、貸し倒れによって資産が減ってしまうリスクも頭に入れておく必要があります。
株やFXに比べると低リスクとは言われていますが、100%安全な投資商品はありませんので、自己責任で投資するかどうかを判断してください。
インターネット上にも役立つ情報が豊富に掲載されていますので、暇な時間に自宅のパソコンでチェックすることをオススメします。
投資で安定した利益が得られるようになると生活に余裕ができるのはもちろん、老後の年金が少なくなった場合でも安心です。
銀行にコツコツ預金している方も多いですが、昔と違い利子はほとんど付かない状態なので、預金の一部を活用して実際にソーシャルレンディングを試してみてください。
種類もいくつかありますので、自分の好きなものを選んで運用しましょう。



ソーシャルレンディングのお金の流れとリスク

ソーシャルレンディングという投資でのリスクの種類としては、お金の流れからも理解する必要があります。
資金を集める側と投資をする側、仲介の業者の側の3つのリスクがあり、それらをよく理解して、どこまで受け入れられるかということで、リターンを期待する投資が始まります。
投資家としては、投資した資金が条件の通りに収益を得て、それを約束通りに利息をプラスして戻ってくるということがポイントになります。
しかし、金利の基準としては住宅ローンなどの金利や政策金利、銀行の預金金利などが基準なので、それらの金利からの差がどうして起こるのか、提示されているのかを理解する必要があります。
金利が高いということは、それだけ危険性も高いということになるので、投資を行う場合も、その金利差の分の意味も理解して、投資内容を決める必要があります。
安全対策も考えて投資をします。



ソーシャルレンディングの投資とリスクの考え方

大きな収益を得ようとする場合には、それに比例するリスクを取る必要があります。
収益が得られる裏には、同じような危険性もあるということですが、今の日本では超低金利なので、収益を得るためにはどうしてもリスクは取らなければなりません。
ソーシャルレンディングでの投資でもそれは変わりません。
リスク管理がポイントになります。
管理をしながらリターンを得ようとするということですが、そのためにはソーシャルレンディングをよく理解して、基本的な知識、自分の頭で考える応用、そして最新の情報や体験談などの口コミ情報なども踏まえて投資をする必要があります。
投資をしてしまうと、その資金は自分から離れてしまい、コントロールができなくなります。
ですので、その前に投資対象をよく理解し、投資をするということが必要になります。
あとは自己責任の世界になります。

次の記事へ

カテゴリー