投資型クラウドファンディング比較サイト

各社の総合評価早見表

home > 投資型クラウドファンディング情報 > ソーシャルレンディングに潜む大きなリスク

ソーシャルレンディングに潜む大きなリスク

 副収入の重要性が叫ばれている現代では、投資やサイドビジネスを始めようと考えている人が多くいます。ソーシャルレンディングは手軽に始められる投資として最近話題になっていますが、投資である以上リスクが存在します。損失を被る可能性があるのはもちろんですが、一番覚えておかなければならないことは資金をソーシャルレンディング業者に預けた後は預けっぱなしになることです。投資資金が収入につながるかはそれを運用する投資家の手腕に左右されます。その実力も人それぞれで異なります、投資において資金管理は自分で行うのが常識と言われていることから見ても、預けた後に関与できず、すべてが他人任せになることは大きなリスクであると言えます。
 低額資金から始められる、利回りが大きいなど魅力が多いことは確かですが、大切な潮金を人に預けることはどういうことなのかをよく考えるようにしましょう。


 ソーシャルレンディングの早期償還リスクとは

 ソーシャルレンディングはローリスク・ミドルリターンの投資商品を提供しており、少額の資金で始めることができ、一般投資家が参加しやすいと言えます。特に高利回りと少額参加可能といった手軽さがウケており、株式や他の投資に比べてリスクが少ないと考えられます。しかし、全く安全というわけでもなく、当初、予定していた収益が得られない場合があります。
 例えば、早期償還を挙げることができます。融資期間中は毎月、高利回りの配当を受け取ることができますので、収益計画に組み込むこととなります。しかし、借入れ側が事情によって、残債を一括返済する場合があります。そうなると、融資関係は終了となり、当初予定の期間が短くなります。受け取れるはずであった配当を受け取れなくない事態となり、収益計画が狂います。これをリスクと考える事ができます。


 ソーシャルレンディングにはリスクもあります

 お金を借りたい人と貸したい人を繋ぐサービスとして登場したソーシャルレンディングですが、借りる側にとっては低金利で借金できるメリットがありますし、貸す側にとっては利回りの良い投資商品としての魅力があります。まだ始まったばかりのサービスですが意外と利用者も増えている状況で、今後更に広まっていくことが予想されます。
 ただ投資商品なのでもちろんリスクもあります。リスクとして一番大きいのが貸し倒れで、借りる側がしっかりと返済してくれないと予想通りの利回りが得られず、結果的に損をしてしまう可能性も0ではありません。できるだけトラブルが起こらないように仲介業者でも対応してくれていますが、最終的にお金を貸すかどうか判断するのは自分自身なので、じっくりと時間をかけて検討した上で決めてください。
 インターネット上にソーシャルレンディングに関する情報も掲載されていますので、一度目を通しておきましょう。

次の記事へ

カテゴリー