投資型クラウドファンディング比較サイト

各社の総合評価早見表

home > 投資型クラウドファンディング情報 > ソーシャルレンディングの管理会社の倒産リスク

ソーシャルレンディングの管理会社の倒産リスク

ソーシャルレンディングへの投資に有望性を感じて、投資をする際に投資家が注意しなければならない点があります。
投資対象の貸し倒れリスクや早期償還による機会損失など、投資の本質的なリスクがあることはもちろんのこと、それ以外にもサービス提供会社の信用性についても着目すべきです。
つまり、信用リスクと呼ばれるものですが、大切な資金を預ける先となりますので、運営が安定して行われることが重要です。
新興サービスであることから、事業が不調に終わり倒産してしまう可能性はゼロではないからです。
不幸にも倒産となってしまったときには、資産を債権者に分配するなどして精算することになります。
しかし、サービス提供会社自身の持つ資産と、顧客が提出した資金が、別々に分けて管理されていないケースがあり、この場合に投資資金が全く回収できないといった事態が想定されます。



ソーシャルレンディングのリスク・資金保全の必要性

ソーシャルレンディングは、注目されている投資対象ですので、サービス管理会社の口座開設数は右肩上がりとなり大きく業績を伸ばしてきています。
ローリスクミドルリターンが期待できるため、大きな資金を用意できない小口の個人投資家にとっても、参加しやすい投資案件であると期待されています。
しかしながら、ノーリスクではありませんので、あらかじめその内容を知っておく必要があります。
ソーシャルレンディングは、元本が保証されませんので、様々な理由によって投資資金が目減りしてしまう可能性を否定できません。
あらかじめご承知の上で、リスク・コントロールを考えていく必要があります。
また、途中解約はできませんので、投資資金を回収するまでは満期まで待つ必要があります。
したがって、満期までの期間や投資する金額を十分考慮しなければなりません。



ソーシャルレンディングのリスク・匿名契約

ソーシャルレンディングは小口投資家も気軽に参加できる上に、高利回りの案件がたくさん取り扱われていることから魅力的です。
低リスクで利率の高い案件に投資できるので、利用者が増え続けているのが現状です。
しかし、幾つかのリスクがありますので、初めて利用する方は、予め投資リスクに留意する必要がありませす。
元本が保証されない投資であることは、多くのレビューページで見ることができますが、対策として担保設定されている案件に絞る、投資対象を複数の案件に分散させるなどの方法が有効です。
投資の仕組み上、投資先の詳細な情報を知ることができない匿名契約となります。
貸金業法に決められているためです。
したがって、管理会社が開示する投資対象の事業の記載内容を十分に検討することが肝要です。
完璧にできることは期待できませんが、貸し倒れに備えてできることはやっておくスタンスが良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリー