投資型クラウドファンディング比較サイト

各社の総合評価早見表

home > 投資型クラウドファンディング情報 > リスクを取るかリターンを取るか

リスクを取るかリターンを取るか

ソーシャルレンディングは、個人投資家に有利な新しい投資として注目されています。サービスの取扱い会社がインターネット上に構築したサイトを通じて、すぐに資金を調達したい事業者と、利率の良い投資案件を探している一般投資家をマッチングする仕組みを提供しています。
ソーシャルレンディングには、融資を受けたい人にタイムリーな資金提供の機会を与え、一般投資家に対して投資のし易い案件を提供するといった考え方があります。特に大きな資金を用意できない小口投資家が投資しやすい点、及び高い利率が評価されています。
サービス提供会社によって違いはありますが、1.0%から10数%の高利回りが期待できる投資案件が多くあります。1ヶ月程度の短期からから2,3年の中長期の融資期間、毎月配当を受けるとることができます。

一般的に大きなリターンを得るためには、まとまった資金が必要となります。
株式投資であれ、FXであれ元手が必要となります。これらの投資に比べても、最低投資額が1万円程度と参加しやすいのがメリットであり魅力があるものと捉えられています。ソ-シャルレンディングは、インターネット上に作られたサイトで、募集される投資案件が一定額に達すると事業者に融資が実行されます。人気のある案件は、募集開始から間もなくして満額となり、クローズされるくらいに人気があります。
その一方で、リスクのある投資商品であることを忘れてはいけません。いわゆるローリスクミドルリターンの投資商品と捉えられていますが、リスクが全くないわけではありません。

ソーシャルレンディングのリスクにフォーカスして、メリットとのバランスを考えてみましょう。まず一つのデメリットには、元本が保証されていないということです。融資を実行した事業者が、事業で成功をおさめることができず、返済が滞ってしまったようなケースでは投資した資金が回収できない可能性があります。いわゆる貸し倒れのリスクのことです。
サービス提供会社が不動産などを担保として差し出しており、万が一返済不能の事態に備えて資金の保全を行っています。債権者の優先順位もあり、提供した資金全額が回収できるのかは、ケースバイケースとなりますがリスクへの配慮がなされている点は評価できます。
また、個々の案件の投資金額を小さくすることで、複数のジャンルが異なる案件に分散投資することが可能ですで、リスクを回避しやすいと言えます。リスクをコントロールしやすく、それができれば安定収益を得やすい投資商品であると言えます。

カテゴリー